うみコン2019 海と産業革新コンベンション


事前登録はこちら

うみコンとは

海と産業革新コンベンション(うみコン2019)最新の技術や情報を共有・融合し、海洋産業の振興・活性化につなげるため、<br />
研究やビジネスに携わる人が、一堂に会する機会をつくりたい<br />
そうした思いから、産官学の連携組織「海洋都市横浜うみ協議会」によって企画された新たなコンベンションです。<br />
海洋に関する企業・研究機関・大学などが集積する横浜に、技術・研究成果・情報・製品が集結します。<br />
さまざまな関係者との交流やビジネスのきっかけ作りに、ご来場ください。

新着情報

最新の情報を随時更新しております。

2018.9  うみコン2019 出展者募集中
うみコンを通じて、我が国の海洋産業を盛り上げていきたいと考えておりますので、出展や協賛などにご関心をお持ちの方は担当まで、お気軽にご連絡ください。 皆様のご参加をお待ちしています。ご案内はこちらから

開催概要

名称

海と産業革新コンベンション
(以下、うみコン2019という)

日時・場所

日時:平成31年2月20日(水)、21日(木)
時間:10:00~17:00
場所:大さん橋ホール(横浜港大さん橋国際客船ターミナル内)
   https://osanbashi.jp/access/

入場方法

入場無料
うみコンのご入場には、WEBからの事前登録が便利です。
事前登録の上、ご来場いただきますと、スムーズにご入場できます。

受付番号お知らせメールを送信する事前登録は2月19日12時までとなります。
また当日2/20(水)・21(木)も会場にて受付いたします。

会場構成

セッション

海洋に関する政策・研究・技術開発などの今後の展望について、キーパーソンが登壇したり、企業・研究機関・大学などのプレゼンターが、テーマごとに研究成果、技術、取組を紹介し、交流のきっかけをつくります。

ポスター展示

研究成果や技術開発を紹介したポスターを展示。ポスターセッションでは研究者と直接、コミュニケーションを図ることができます。

企業・研究機関等ブース

水産、養殖、海洋資源、海洋観測、ロボティクス、再生可能エネルギー、IoT、レジャー等をテーマに、企業や研究機関、大学等がブース出展します。

コミュニケーションスペース

飲食コーナーを併設したフリースペースです。参加者同士の情報交換や交流の場としてご活用ください。

商談スペース

横浜港を臨む見晴しのよい場所に、じっくりと話ができる商談スペースをご用意しました。(予約制ではありません。譲り合ってご利用ください。)

飲食コーナー

昼食や軽食、コーヒーなどソフトドリンク、アルコール類を販売しています。


※イベント内容は変更になる可能性がございます。


主催
海洋都市横浜うみ協議会/横浜市/海と産業革新コンベンション実行委員会

海洋研究開発機構<JAMSTEC>/水産研究・教育機構/海上・港湾・航空技術研究所(海上技術安全研究所、港湾空港技術研究所)/海技教育機構<JMETS>/帆船日本丸記念財団/東京海洋大学/東京大学生産技術研究所/横浜国立大学/横浜市立大学/神奈川大学/エンジニアリング協会/海洋産業研究会/日本舶用工業会/日本プロジェクト産業協議会<JAPIC>/次世代センサ協議会/横浜港振興協会/IHI/神奈川新聞社/千代田化工建設/東亜建設工業/日揮/日鉄住金物産/日本政策投資銀行/横浜港埠頭/横浜八景島/日本郵船/三菱重工業/古河電気工業/ジャパン マリンユナイテッド/五洋建設/オーシャンスパイラル/セア・プラス/内閣府総合海洋政策推進事務局/国土交通省関東地方整備局/国土交通省関東運輸局/横浜市(順不同)

協賛・協力

<協賛>
ニッスイマリン工業/住友重機械マリンエンジニアリング

海洋都市横浜うみ協議会とは

設立日:平成27年9月28日
名誉会長・会長 名誉会長 :林 文子 横浜市長
        会長   :小林 一美 横浜市副市長

設立目的:協議会参加企業・団体の皆様と議論しながら、産官学連携により、次の取組を進めます。
ア 海洋に関する活動の総合的な情報発信
イ 市民の海に関する理解・関心の向上
ウ 海洋環境の保全
エ 海洋産業の振興

海洋都市横浜(横浜市政策局)
トップへ戻る